2013/07/01

大祓 氷川神社

6月30日は多くの神社で大祓(夏越の祓)の神事が行われる日です。
半年の間に知らず知らずに犯した罪や、積もり積もった穢れを祓います。

私の住んでいる都筑区は、古くは都筑郡と呼ばれ、武蔵の国の一部だったということで、
きのうは、武蔵国の一宮、大宮の「氷川神社」へ行ってきました。

武蔵一宮 氷川神社
御祭神   須佐之男命(すさのおのみこと)  稲田姫命(いなだひめのみこと)  大己貴命(おおなむちのみこと)

人形に触れながら茅の輪を3回くぐります
楼門前に設けられた茅の輪と人形

14時より神事がはじまりました

神職の方々が茅の輪をくぐります

楼門の榊

 拝殿前

 拝殿

 御祭神について ~ 神話 (古事記、日本書紀) ~

須佐之男命(すさのおのみこと)・・・伊邪那岐命(いざなきのみこと)の禊祓により天照大御神・月読命と共に誕生した神様。 
出雲国へ天降り、八俣大蛇を退治し、櫛名田比売(くしなだひめ)を助け結婚。子孫に大国主神(おおくにぬしのかみ)が誕生する。

稲田姫命(いなだひめのみこと)・・・櫛名田比売の別名。須佐之男命が櫛名田姫を妻に迎え、新居の宮殿を建てるときに詠った歌は最古の和歌といわれる。

~ 八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を ~ 須佐之男命

大己貴命(おおなむちのみこと)・・・大国主神の別名。稲羽の素兎を助け、葦原中国(あしはらのなかつくに)をつくる。国づくりを完成させ、天照大御神に国を譲り、天照大御神の命で天日隅宮(あめのひすみのみや=出雲大社)が造営されお祀りされている。

出雲大社についてはこちらをご覧ください。

*参照: 武蔵一宮 氷川神社略記、神社のいろは / 神話のおへそ / 神社のいろは続 (扶桑社)

0 件のコメント:

コメントを投稿