2020/07/01

鹿苑寺(古都京都)

お待たせしました。金閣寺です。
足利義満*が別邸 北山殿として1397年に建立。義満の没後に禅宗寺院に改められる。義満の法号にちなむ鹿苑寺(ろくおんじ)が正式名称です。

3層からなる舎利殿(金閣)は、それぞれが異なる建築様式でありながら全体として調和する傑出した建造物としてその遺産価値が認められました。

舎利殿
初層は寝殿造り、第2層は書院造り、第3層は禅宗様

足利義満 1358-1408年
足利尊氏の孫。室町幕府第3代将軍。11歳で将軍となる。
有力守護の勢力を抑え、幕府の地位を確立。南北朝統一。明と国交を結び貿易を行う。京都室町に花の御所(将軍邸)、北山に金閣をつくる。五山制度整備。庇護した観阿弥・世阿弥 父子により能楽が大成。


参照: 世界遺産ふしぎ探検大図鑑 増補版 / 21世紀こども人物館(小学館)、世界遺産学検定 公式テキストブック1 概論+日本の遺産(講談社)、詳説 日本史図録 / 日本史B 用語集(山川出版社)、お寺の教科書(エイ出版社)、週刊 日本の世界遺産&暫定リスト08 古都京都 2(朝日新聞出版)

0 件のコメント:

コメントを投稿