2020/07/29

龍安寺(古都京都)

サルトルやエリザベス女王が訪れた事でも知られ、枯山水の典型例として世界的に有名な龍安寺の石庭*は、日本の庭園様式に多大な影響を与えたとしてその遺産価値を高く評価されました。




*龍安寺石庭(りょうあんじせきてい)
1499年頃の作。作庭者不詳。幅約25m、奥行き約10m。築地塀で囲まれた長方形の平庭に白砂と大小15個の石が配置されているだけの作り。究極の簡素さが、見る者へ無限の広がりを感じさせ、自由な解釈を与えると言われる。



9歳5ヶ月


龍安寺(りょうあんじ)
貴族の別荘だったものを、細川勝元**が譲り受け、1450年に禅宗寺院とする。

**細川勝元(ほそかわかつもと)1430-73年
管領。応仁の乱 東軍の主将。足利将軍家の家督争いに介入、幕府内の実権をめぐり守護 山名持豊(宗全)の西軍と戦う。


参照:世界遺産ふしぎ探検大図鑑 増補版(小学館)、世界遺産検定 公式テキストブック1 概論+日本の遺産(講談社)、詳説 日本史B/日本史B 用語集 /詳説 日本史図録(山川出版社)

0 件のコメント:

コメントを投稿